季節ごと②
2010/10/14(Thu)
拍手・コメント ありがとうございます!



2010-10-13あけび
玄関先のアケビが日々熟しています♪
例年にくらべてだいぶ実が少ないので、
生食でいけちゃうかも。

さて。
先日、取り急ぎ、ぴょんと私でインフルエンザ予防接種へ行ってきました。
今年は市内の医師会で料金が統一されたということで、
1回目も2回目も値上がりしていました ^^;
ワクチンは3種類あったので、ドクターの「お勧め」に(笑)
(これまでの型と新型の両方が入っているやつ)
市内の中学校ではすでに罹患者が出ているので、
広がるのも時間の問題?!と接種を急ぐひとが多かったそうですが、
今年はワクチンが十分に確保できているので、
しっかりと対応出来ていると医院のスタッフさんが言っていました ^^

で、いまは接種跡が腫れて・・・
かゆーい!!
か、掻きたい。
なんなら、ム○とかキ○カ○塗りたいくらい。
ぴょんはほとんど腫れていないのは、
年始に新型にかかったからかしら?(謎)

そのぴょんですが、
先日紹介した絵本「アンジュール」を
図書館から借り、涙涙で読んでいました。
わんこ好きなので、余計に?とも思いましたが、
やや反抗期ないまでも、こうして泣くことが出来るんだな。
と、少しホッとしました。
そして、いの。
帰宅するなり、
「母さん!トルストイ、ヘッセ、O・ヘンリー、ゲーテ、
カフカ、コクトー、ドストエフスキー、ツルネーゲフ・・・」
とかなりな数の図書館にありそうな世界名作選?的な名前を並べ、
しまいに
「作家らしいけど、知ってる?」
ときました(爆)
知ってるって???と思うまもなく、いのにとっては
知らない名前なのだと知り、ぼーぜん(呆)
よく私立も公立も受験に受かったわ~ ^^;
部活の早打ちテキストだったらしいのですが、
「サリンジャー」「デュマ」を見て、うっすらと作家?と思ったとか。
作者は分からなくても、アニメや映画、舞台などのもとになっている
作品も多いので、機会があったらぜひ読んで欲しいな。

余談ですが(笑)私が
ヘミングウェイの「誰がために鐘は鳴る」を初めて知ったのは
宝塚の舞台でした。
鳳蘭さんと遥くららさん♪
そのときはまだいまのぴょんよりもちびっ子な私でしたが、
あの華やかな舞台とお話しはいまでも心にしっかりと。
パンフレットも保存してあります。
里から特急で5時間くらい。同い年のいとことの2人旅は
東北新幹線の開業以前の思い出です(笑)
この記事のURL | 日常小景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<秋のいちにち | メイン | 季節の味>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://freedesign.blog70.fc2.com/tb.php/2420-512d93ac

| メイン |